東京

神田駅のタクシー乗り場を完全ガイド!お得で便利な配車アプリも合わせて紹介!

※本ページは一部プロモーションを含みます

はじめに結論!

  • タクシー乗り場は「神田駅南口」交差点にあります!
  • JRの改札から徒歩2分くらい(メトロからは少し離れます)
  • 台数は少ないので、流しタクシーをつかまえるか配車アプリを使うのがおすすめ

今回は神田駅のタクシー乗り場を徹底調査してきたので、その結果をお伝えします!

記事の流れとしては

  1. オリジナルの地図で場所をチェック
  2. 実際の写真でJR線の改札から道案内
  3. 現地の状況
  4. 便利な配車アプリの紹介

↑このような感じで進めていきますね。

はじめに配車アプリについて少し触れておくと、スマートフォンから簡単にタクシーを呼び出せるというもので、これがとっても便利。

待ち時間を削減できるうえ、今ならクーポンの利用でお得に乗れるので、混雑時やタクシーがいないときに非常に役立ちます。(※特に神田駅は乗り場にタクシーがほぼいないので、利用価値がとても高いです)

アプリはいくつかありますが、現行では配車スピードや使いやすさの点から「S.RIDE」もしくは「GO」を特におすすめしています。(いろんなアプリを使いましたが、この2つならまず間違いありません)

ソニーのAI技術が使われた次世代アプリ!
\今なら初回乗車で1,000円分のクーポンGET!/

↓今すぐインストール↓

タクシーの配車はエスライド(S.RIDE)

タクシーの配車はエスライド(S.RIDE)

S.RIDE Inc.無料posted withアプリーチ

業界No1のタクシー配車アプリ!
\今なら総額7,000円分のクーポンGET!/

↓今すぐインストール↓

GO タクシーが呼べるアプリ 旧MOV×JapanTaxi

GO タクシーが呼べるアプリ 旧MOV×JapanTaxi

GO Inc.無料posted withアプリーチ

詳しくは記事の後半で解説するから、ぜひ最後までチェックしてね。

それでは本編へどうぞ!

神田駅のタクシー乗り場を完全ガイド!

神田駅のタクシー乗り場は、「神田駅南口」交差点にあります。

簡単な地図を作ったので、場所をチェックしてみてください。(一部道路を省略しています)

※タップすると拡大できます

実際の写真で案内すると、まず駅に着いたら「南口・西口」の案内に従って改札へ向かいます。

改札を抜けたら左(南口)へ。

南口を出てそのまま正面の道路を直進します。

横断歩道を渡ると、左側(ファミリーマートの前あたり)がタクシー乗り場になっています。

神田駅 南口タクシー乗り場

現地の状況について

神田駅の公式タクシー乗り場ではあるものの、実際にはあまり機能していないようで、私が確認したとき(平日のお昼過ぎ)は1台も停まっていませんでした。

しばらく眺めていたところ、タクシー自体は何台か通るのですが、どれも乗り場では止まらずそのまま通過してしまっている状態。

都心の駅にありがちな、乗り場で待つよりも流しを拾うスタイルが一般的な駅と言えそうです。

乗り場が西向きの一方通行の路上にあるのも、使い勝手を悪くしているわね。

JR線、メトロどちらでお越しの場合も、基本的には流しタクシーが来るのを待つ。もしくは、急ぎであったり待ち時間を省きたい方は、配車アプリで読んでしまうのが非常におすすめです。

神田駅でタクシーに乗るならは配車アプリがとっても便利!

配車アプリには大手と呼ばれる

  • GO
  • S.RIDE
  • DiDi
  • Uber Taxi

の4つがありますが、アプリの使いやすさと配車スピードの点から「S.RIDE」もしくは「GO」を強くおすすめしています。

というのも、この2つのアプリだけはマップ上のピンを動かすだけで、タクシーが来るまでの時間を表示してくれます

1つ注意点として、駅によってはロータリーには呼べないという制約があるのですが、神田駅にはそもそもロータリーが無いので駅周辺のどこでも配車OK。

一応、おすすめ配車エリアとしては、先ほどの地図でいうと国道17号線(中央通り)が最適かなと。

こちらはJR線の東口を出たら目の前にあり、一方通行ではないので秋葉原方面・銀座方面どちらにもアクセスしやすいです。

実際の写真で案内すると、北口・東口側の改札を出て右へ。

そしたら、ガード下の道路が国道17号線(中央通り)になります。

こちらは実際の「S.RIDE」のアプリ画面ですが、中央通りにピンを置くと「1-4分」と待ち時間の目安を表示してくれます。

一方、メトロでお越しの方は出口が1~6までありますので、行き先に近い出口から出て配車アプリを使うのがベスト。

参考までにGoogleマップに各出口を載せておきます。

どれも中央通り沿いにあるから、秋葉原方面へ行く人は6番出口付近にタクシーを呼ぶのが良いわね。

例えば、6番出口の前の路上にピンを打つと、こちらもすぐにタクシーが来てくれます。

あとは、配車依頼をするとマップ上にタクシーの位置がリアルタイムで表示されるので、ある程度近づいてきたら乗車地点に行けばOK。

タクシー乗り場でずっと待つ必要がないのは嬉しいわね。

「GO」でも同じことができるので、2つのアプリで到着時間をサクッと比較して、どちらか早い方で配車依頼する、という使い方もけっこうおすすめ。(←私はこの方法をよく使います)

※それぞれのアプリで提携しているタクシー会社が違うので、「S.RIDE」の方が早いときもあれば「GO」の方が早いときもあります。

ちなみに、「DiDi」と「Uber Taxi」は、乗車地点と降車地点をどちらも設定してからでないと、タクシーの到着時間が表示されません。

また、地域によっては実際に配車を依頼してからでないと、わからないこともあり少々使いづらさを感じました...。

「S.RIDE」と「GO」は配車アプリの中でも、特に提携しているタクシー会社の数が多いので、配車依頼をした際にもすぐに来てくれる確率が高いです。(他のアプリではそもそもタクシーが見つからないというケースも...)

アプリの利用には初回のみ登録が必要ですが、どちらも1分ほどで終わり、すぐに配車依頼できる状態になるので、とりあえず使えるようにしておくと安心かと思います。

また、実際に配車依頼をしなくても、乗車・降車地点を入力をするだけで、実際の道路状況を考慮して目的地までの料金や到着時間の目安を表示してくれるので、これはこれでけっこう便利だったりします。

たとえば、目的地を東京駅の八重洲口に設定すると...

↑こんな感じで料金と時間の目安を表示してくれます。

その他にも

  • ドライバーに行き先を伝える必要がない
  • 車内で決済する必要がない
  • クーポンでお得に乗れる

などなど、アプリならではのメリットもあるので、できるだけタクシーに待ち時間を割きたくない方は、ぜひ一度利用してみてください!

ちなみに、アプリで配車依頼する場合、迎車料金+アプリ手数料として400~500円かかりますが、「S.RIDE」は初回乗車で1,000円OFF、「GO」なら初回登録で500円OFFのクーポンが貰えるので、流しタクシーを拾う場合と料金はほぼ変わりません。

ソニーのAI技術が使われた次世代アプリ!
\今なら初回乗車で1,000円分のクーポンGET!/

タクシーの配車はエスライド(S.RIDE)

タクシーの配車はエスライド(S.RIDE)

S.RIDE Inc.無料posted withアプリーチ

業界No1のタクシー配車アプリ!
\今なら総額7,000円分のクーポンGET!/

GO タクシーが呼べるアプリ 旧MOV×JapanTaxi

GO タクシーが呼べるアプリ 旧MOV×JapanTaxi

GO Inc.無料posted withアプリーチ

上の2つの記事を読めば配車アプリについて、だいたいのことは理解できるようになっているわ。


ということで、神田駅のタクシー乗り場および配車アプリの紹介でした。

ではでは参考になりましたら幸いです!

東京都内のタクシー乗り場一覧へ戻る

-東京