東京都の駅

浅草駅のコインロッカー完全なび!サイズや空き状況を路線別に総まとめ

更新日:

東京屈指の観光地「浅草」

定番の「雷門」や「浅草寺」、食べ歩きが楽しい「仲見世通り」、レトロな雰囲気が味わえる「花屋敷」などなど、下町の歴史や文化がぎゅっと詰まったエリアです。

海外からの人気もとても高くて、アジアやヨーロッパの観光客をたくさん見かけるわね。

遠方から来ていてスーツケースを預けたい方や、ついつい買い物をし過ぎてしまいお土産を預けたい方もいるでしょう。

そこで、本日は浅草駅とその周辺のコインロッカー情報を、路線ごとにバッチリお伝えしたいと思います!

こんな方におすすめ

  • コインロッカーのサイズ・料金・設置場所などを知りたい
  • だいたいの空き状況を知りたい
  • 空きが無い時のために荷物預かり所の場所も知りたい
スポンサーリンク

浅草駅のコインロッカーを路線別にチェック!

浅草を観光するにあたり最寄駅となるのは以下の4つ。

  • 東京メトロ銀座線「浅草駅」
  • 都営地下鉄浅草線「浅草駅」
  • 東武スカイツリーライン「浅草駅」
  • つくばエクスプレス「浅草駅」

どの駅からも徒歩数分で雷門まで行けるので、ほとんどの方が4つの駅のどれからアクセスすると思います。ということで、上記の4駅のコインロッカーを順に解説していきますね。

ご自身が利用する路線をしっかりチェックしてください^^

まずは東京メトロから見ていくわよ。

東京メトロ銀座線「浅草駅」のコインロッカー

主に渋谷方面からお越しの方が利用する東京メトロ銀座線。

簡単な駅の構内図を作ったので、コインロッカーの設置場所・サイズ・料金を確認してみてください。


※詳しいサイズは後述

雷門および仲見世通りへの最寄り出口は1番です。

ですので、電車を降りたら「1」「2」のコインロッカーをチェックし、もし空きが無ければ地上の「3」のロッカーへ向かうと良いでしょう。おそらくどこかしらに空きがあると思います。

また、6番出口への通路は「浅草地下商店街」になっており、そこにもコインロッカーがいつくかあります。雷門は6番出口からも比較的近いので、そちらに預けるのもアリですよ。(6番出口側の方が空きが多いです)

6番出口を出たところには「新仲見世通り」もあるから、そこで買い物をしたい方にもおすすめよ!

それでは各コインロッカーの詳細を解説します。構内図の番号と照らし合わせてチェックしてくださいね^^

スポンサーリンク

「1」浅草寺吾妻橋方面改札を出て正面

「浅草寺吾妻橋方面改札」を出ると、すぐ左正面にコインロッカーがあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 57cm400円11個
約35cm × 57cm × 57cm500円3個
特大約35cm × 120cm × 57cm900円3個
  • 取り扱い時間は始発から終電まで
  • 午前2時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて4日以内
  • 現金または電子マネー対応の暗証番号式のロッカー

電車を降りたらまずここをチェックしてみると良いでしょう。特大サイズならスーツケースもらくらく入るので、大きな荷物をお持ちの方も安心ですよ。

ただし、改札の目の前なので空きはやや少なめです。

「2」一番出口へのエレベーター手前

先ほどの改札もしくは2番線ホームの「雷門浅草寺方面改札」を抜けて、1番出口へと進みます。

そして角を曲がると、エレベーターの前にコインロッカーがあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 64cm400円7個
約35cm × 52cm × 64cm500円16個
約35cm × 87cm × 64cm700円8個
  • 取り扱い時間は始発から終電まで
  • 午前2時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて4日以内
  • 現金または電子マネー対応の暗証番号式のロッカー

各サイズとも数は多いのですが、やはり1番出口に近いこともあり空きは少なめです。もしすべて埋まっていたら、次に紹介する地上のロッカーへ向かってください。

「3」1番出口を出てすぐ目の前

1番出口を出ると、正面の浅草タウンホテルの手前にコインロッカーがあります。

それから、右に10mほど進んだコンビニの隣にもコインロッカーがあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数(2つ合計)
約35cm × 34cm × 57cm200円32個
約35cm × 57cm × 57cm300円6個
約35cm × 87cm × 57cm500円2個
  • 24時間利用可能
  • 0時を過ぎたら1日分の追加料金が発生(※正面のロッカーは12時間ごとに追加料金)
  • 使用期間は開始日を含めて4日以内
  • 100円硬貨のみ使える鍵式ロッカー

この2か所は駅構内よりも少しだけ安く預けられます。また、24時間出し入れ可能というのも嬉しいポイントですね^^

ちなみに、ここまで紹介した場所がすべて埋まっていた場合、出口正面の浅草タウンホテルで荷物預かりサービスを実施しているのでそれを利用してください。


※5Fのフロントで預けられます

料金はサイズに関係なく2個で1000円なので、大きな荷物を預けるならお得感がありますね。

浅草タウンホテル

「4」浅草地下商店街

「松屋 隅田公園方面改札」を出て左に進むと、6番出口までの通路が「浅草地下商店街」になっていて、途中にコインロッカーが設置してあります。

まず入り口に1つ。

少し進んだところにもう1つ。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数(2つ合計)
約35cm × 34cm × 57cm300円32個
約35cm × 57cm × 57cm500円27個
約35cm × 87cm × 57cm700円8個
特大約35cm × 120cm × 57cm900円1個
  • 取り扱い時間 5:20~23:50
  • 0時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて5日以内
  • 100円硬貨のみ使える鍵式ロッカー

「5」6番出口の階段手前

さらに商店街を進むと、6番出口への階段の下にコインロッカーがあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 57cm200円50個
約35cm × 57cm × 57cm300円6個
約35cm × 87cm × 57cm500円2個
  • 取り扱い時間 5:00~23:50
  • 0時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて4日以内
  • 100円硬貨のみ使える鍵式ロッカー

商店街にあるの3つのコインロッカーは、どれも非常に空きが多かったです。

先ほどお伝えした通り、6番出口から出ても雷門までそう遠くはないので、あえて初めからこちらのロッカーに預けるのもおすすめですよ。

1番出口の方は人混みが凄いので、大きな荷物を持って歩くのがやや大変だったりしますからね...。その辺りを踏まえて、預けるところを決めてください^^

それじゃ次は都営地下鉄のコインロッカーを見ていきましょう。
スポンサーリンク

都営浅草線「浅草駅」のコインロッカー

押上や西馬込方面から来る方が利用する都営浅草線。

こちらも構内図を作ったので、コインロッカーの詳細をチェックしてみてください。

雷門や仲見世通りの最寄り出口はA4です。

ですので、電車を降りたらまず「1」のコインロッカーをチェックしてください。そして、空きが無ければA4出口を出たところにある「2」のコインロッカーへ向かうと良いでしょう。

私が見に行ったとき(平日の夕方)は、「1」はほぼ埋まっていましたが「2」はガラガラでしたので、おそらくそちらに預けられると思います。

ちなみに、A1出口側にもコインロッカーが2つあり比較的空きも多かったのですが、雷門とは反対の出口なのでやや使いにくいかもしれません^^;

では、順に詳細をチェックしていきましょう〜。

「1」浅草寺方面改札を抜けて正面

電車を降りたら地下3階へ上がり「浅草寺方面改札」を抜けると、正面にコインロッカーがあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 64cm400円9個
約35cm × 52cm × 64cm500円7個
約35cm × 87cm × 64cm700円27個
  • 取り扱い時間は始発から終電まで
  • 午前2時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて3日以内
  • 現金または電子マネー対応の暗証番号式のロッカー

こちらは大サイズがたくさんあり、スーツケースを預けたい方には非常にありがたいのですが...空きがほとんどありませんでした。改札から近いので、競争が激しいのだと思われます。

ですので、空いてたらラッキーくらいの感覚で覗いて、埋まっていたら次に紹介する地上のコインロッカーへ向かってください。

「2」A4出口を出て右側

A4出口から出ると、すぐ右側にコインロッカーコーナーがあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 57cm200円30個
約35cm × 57cm × 57cm300円36個
約35cm × 87cm × 57cm400円12個
  • 取り扱い時間 5:00~21:00
  • 各サイズとも4時間あたり上記の料金
  • 以降4時間ごとに追加料金が発生 
  • 使用期間は開始日を含めて3日以内(72時間以内)
  • 100円硬貨のみ使える鍵式ロッカー

駅のロッカーに比べて取り扱い時間が短いですが、昼間観光してる間に預けるなら特に問題はないでしょう。個人的には浅草線で来られる方は、ここに預けるのがおすすめです。

もし、夜遅くまで預けておきたい場合は、銀座線の章で紹介した地上のロッカーか、浅草タウンホテルの荷物預りサービスを利用してください。ちょうど雷門へ向かう途中にありますよ^^

ちなみに、A4出口から左に曲がったところにある「時代屋」という人力車のお店でも荷物を預かってくれます。(1個500円)

時代屋

浴衣のレンタルや人力車などもあるので、そうしたサービスを利用したい方にはおすすめです。

「3」A1出口側のコンコース

雷門からは離れますが、A1出口側のコンコースにもコインロッカーがあります。

1つは「駒形橋方面改札」を抜けてすぐ左側に。

もう1つは、A1出口の方に進んだところに。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数(2つ合計)
約35cm × 34cm × 64cm400円11個
約35cm × 52cm × 64cm500円9個
約35cm × 87cm × 64cm700円9個
  • 取り扱い時間は始発から終電まで
  • 午前2時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて3日以内
  • 現金または電子マネー対応の暗証番号式のロッカー

この2か所はどちらも空きが多かったです。

それじゃ、次は東武線のコインロッカーね!

東武スカイツリーライン「浅草駅」のコインロッカー

東武動物公園方面からお越しの方が利用する東武スカイツリーライン。

こちらも構内図でコインロッカーの詳細をチェックしてみてください。


※構内図には載せていませんが、北口を出たところにも1つあります(後述)

東武の駅には「北口」「正面口」の2つの出口があり、

  • 浅草寺に近いのは北口
  • 雷門に近いのは正面口

となっています。

ですので、行き先によって預けるところを決めると良いでしょう。幸い、東武のコインロッカーは全体的に空きが多かったです。

とはいえ、雷門に行く人は浅草寺にも行くでしょうから、基本的には一番数の多い正面口側の「1」のロッカーに預けるのがおすすめですね^^

では、詳細をチェックしていきましょう〜。

「1」正面改札口を抜けて階段を裏側

電車を降りたら正面改札口を抜けます。

そして、階段を降りずに裏側へ回り込むと、コインロッカーがずらりと並んでいます。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 57cm400円93個
約35cm × 57cm × 57cm600円6個
約35cm × 87cm × 57cm700円6個
  • 取り扱い時間は始発から終電まで
  • 午前1時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて3日以内
  • 100円硬貨のみ使える鍵式ロッカー

東武の駅構内で最も数が多いロッカーです。中・大サイズもそれなりにあるので、スーツケースなどをお持ちの方もここに預けると良いでしょう。

「2」1Fに降りるエレベーター前

「1」のコインロッカーからさらに奥に進むと、エレベーターの手前にもう1つ設置されています。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 64cm400円8個
約35cm × 52cm × 64cm600円7個
約35cm × 87cm × 64cm700円7個
  • 取り扱い時間は始発から終電まで
  • 午前1時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて3日以内
  • 現金または電子マネー対応の暗証番号式のロッカー

「3」ホームから北改札口への階段を降りたところ

続いて北口側のコインロッカーです。

まず、電車を降りて北口への階段を降りたところに1つあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 57cm400円15個
  • 取り扱い時間は始発から終電まで
  • 午前1時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて3日以内
  • 100円硬貨のみ使える鍵式ロッカー

「4」北改札口を出て左後ろ

もう1つは北改札口を出て、左後ろ側に設置してあります。

 サイズ料金個数
約35cm × 34cm × 64cm400円5個
約35cm × 52cm × 64cm500円4個
約35cm × 87cm × 64cm700円4個
  • 取り扱い時間は始発から終電まで
  • 午前1時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて3日以内
  • 現金または電子マネー対応の暗証番号式のロッカー

北口側の2か所は人通りが少ないせいか、正面口のロッカーに比べて空きが多めです。先ほどお伝えした通り、浅草寺に行かれる方はこちらに預けるのもアリですよ^^

「5」北口を出て左に進んだところ

北口を出て左に40mほど進んだところにもコインロッカーがあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 57cm200円15個
約35cm × 57cm × 57cm300円3個
  • 24時間利用可能
  • 0時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて4日以内
  • 100円硬貨のみ使える鍵式ロッカー

24時間利用できて駅よりも安いのですが、もし埋まっていたら駅に戻らなくてはいけないので、微妙にリスクがあるロッカーだったりします。

やはり、駅に預けておくのが無難ですかね^^;

それじゃ最後はつくばエクスプレスね。

つくばエクスプレス「浅草駅」のコインロッカー

つくば方面・秋葉原方面からお越しの方が利用するつくばエクスプレス。

こちらは駅構内に1か所だけ設置してありました。

場所はA1出口へ上がる階段の横です。

改札を抜けて左の方に進むと、すぐに見つけられますよ。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 64cm400円23個
約35cm × 52cm × 64cm500円6個
中※約42cm × 34cm × 64cm700円2個
約35cm × 87cm × 64cm800円8個
特大約42cm × 120cm × 64cm900円9個
  • 取り扱い時間は始発から終電まで
  • 午前2時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて3日以内
  • 現金または電子マネー対応の暗証番号式のロッカー

駅構内に1か所しか設置してありませんが、いろいろなサイズがありどれも空きが多かったです。雷門や浅草寺へはA1出口が最寄りなので、つくばエクスプレスでお越しの方はここに預けておけば問題ないでしょう^^

ちなみに、駅の周辺にはさらに安く預けられるロッカーもあったので、参考までに合わせてご紹介しますね。

駅周辺の安いコインロッカー

私が調べてみたところ、A1出口の周りに3つのコインロッカーを発見しました。


※数字をタップすると詳細が表示されます。

まず1つ目は、A1出口正面のドンキホーテの駐輪場に設置してあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 57cm200円19個
約35cm × 57cm × 57cm300円7個
約35cm × 87cm × 57cm500円4個
  • 24時間利用可能
  • 0時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて4日以内
  • 100円硬貨のみ使える鍵式ロッカー

続いて、ドンキホーテの前を右に進みます。

正面の鳥居をくぐると、すぐ右側にコインロッカーがあります。(交番の向かいあたり)

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 57cm200円25個
約35cm × 57cm × 57cm300円6個
  • 24時間利用可能
  • 0時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて4日以内
  • 100円硬貨のみ使える鍵式ロッカー

最後に、このコインロッカーコーナーの斜め前に「まるごとにっぽん」という商業施設があり、その1階エスカレーター横にもコインロッカーがあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 57cm200円5個
約35cm × 57cm × 57cm300円3個
約35cm × 87cm × 57cm500円4個
  • 取り扱い時間 10:00~20:00
  • 0時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて4日以内
  • 100円硬貨のみ使える鍵式ロッカー

この3か所は駅の約半額で預けられ、空きも比較的多かったです。少しでも安く預けたい方はぜひ利用してみてください。どれも駅から徒歩数分なので、全部周っても時間はかからないと思いますよ^^

さて、ここまで浅草駅のコインロッカーを路線別にまとめてきましたが、最後に浅草寺の近くにあるコインロッカー&荷物預かり所をご紹介します。

どの路線を使う方でも利用しやすいので、駅のロッカーに空きが無かった時のために覚えておくと安心ですよ。

浅草寺付近のコインロッカー&荷物預かり所

まず荷物預かり所ですが、仲見世通りの脇にある佐川急便さんで荷物を預かってくれます。

取り扱い時間
平日  9:00~19:00
土日祝 9:00~18:00

料金は1個800円なので、小さなものを預けるとやや割高感があります。あくまで、駅のロッカーに空きが無かった場合の手段として利用すると良いでしょう。

浅草雷門サービスセンター

続いて、コインロッカーは浅草寺の北側、花屋敷の近くに1つ見つけました。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 57cm200円20個
約35cm × 57cm × 57cm300円3個
  • 24時間利用可能
  • 0時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて4日以内
  • 100円硬貨のみ使える鍵式ロッカー

浅草寺からは少し離れるので、花屋敷の方で買い物をした時などに預けると良いかもしれません。


ということで、浅草駅のコインロッカーをまとめてみました。

さすが東京屈指の観光地だけあって、どの駅にも十分なほどコインロッカーが設置されている印象ですね。

ただし、記事中でもお伝えした通り、雷門や浅草寺への最寄り出口に設置してあるコインロッカーは、全体的に空きが少ない傾向にありあます。

ですので、状況に応じて周辺のロッカーや荷物預かり所も利用してください!

ではでは、浅草観光を楽しんでくださいね〜。

東京都内の駅一覧へ戻る

スポンサーリンク

-東京都の駅

Copyright© コインロッカー見いつけた! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.