東京都の駅

三越前駅のコインロッカー特集!サイズから行き方まで丸わかり

投稿日:

東京メトロ銀座線、半蔵門線が乗り入れる「三越前駅」

駅名にもなっている通り近くに日本橋三越本店があるほか、周辺には老舗の商店が林立しています。

ショッピングが楽しめる一方、ビジネスの中心地でもあるわね。

本日はそんな三越前駅のコインロッカー情報をお届けします。

  • サイズ
  • 料金
  • 個数
  • 設置場所

など細かく解説するので、お出かけの際の参考にしてくださいね^^

スポンサーリンク

三越前駅のコインロッカーは駅構内に3か所

三越前駅のコインロッカーは駅構内の3か所に設置されています。(すべて改札外)

構内図に印を付けたので、だいたいの位置を確認してみてください。

銀座線側に2か所(1,2番)、半蔵門線側に1か所(3番)といった配置になっています。

基本的には、利用する出口に近いコインロッカーへ預けると良さそうね。

参考までに出口案内を載せておくので、ご自身が何番出口から出るのか把握しておいてくださいね。

ただし、スーツケースが入る大型サイズは1番のロッカーにしかないので、大きな荷物を預ける方はそこだけご注意ください。

それでは、各コインロッカーの詳細を順番に見ていきたいと思います。

なお、3つのコインロッカーはすべて現金または電子マネーに対応した暗証番号式で、以下の点は共通しています。

  • 取り扱い時間は始発から終電まで(日変わりは午前2時)
  • 午前2時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて4日以内
スポンサーリンク

1. A9出口の向かいあたり

銀座線の「室町三丁目方面改札」を抜けて右に進むと、A9出口の向かいあたりにコインロッカーがあります。

サイズや料金はこんな感じ↓

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 64cm400円19個
約35cm × 52cm × 64cm500円9個
約35cm × 87cm × 64cm700円3個

タッチパネルで操作するタイプで、開けるときに6桁の暗証番号を入力するようです。

コインロッカーと聞くとつい鍵で開けるものを想像してしまいますが、これなら鍵を持ち歩く必要もなくて便利ですね〜。

なお、先ほどお伝えした通り大型サイズがあるのはこのロッカーだけなので、スーツケースなどの大きな荷物を預ける方はここを利用してください。

2. 中央改札を出てすぐ右側

銀座線の中央改札を出てすぐ右側にもコインロッカーがあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 64cm400円17個
約35cm × 52cm × 64cm500円6個

小さなスーツケースなら、中型サイズのロッカーに入るかもしれないわ。念のため、前もってサイズを測っておいてね。
スポンサーリンク

3. 半蔵門線の改札を出て正面

半蔵門線の「日本橋方面改札」を抜けると、正面にコインロッカーがあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 64cm400円17個
約35cm × 57cm × 64cm500円3個

主に半蔵門線を利用する方におすすめですね。

銀座線に乗り換える人は、最初に紹介した1,2番のコインロッカーへ預けるのもアリよ。

ただし、半蔵門線から銀座線への乗り換えは微妙に距離があるので、大きな荷物を持っていると少し大変かもしれません^^;

そのあたりは荷物の量と相談して、預けるところを決めてくださいね。


ということで三越前駅のコインロッカーを3か所ご紹介しました。

全体的に空きは多めでしたので、イベントなどと重ならない限りはどこかには預けられると思いますよ^^

ではでは。

東京都内の駅一覧へ戻る

スポンサーリンク

-東京都の駅

Copyright© コインロッカー見いつけた! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.