東京都の駅

新橋駅のコインロッカーなび!路線別に空き状況やサイズを総まとめ!

更新日:

サラリーマンの街として有名な「新橋駅」

JR、東京メトロ、都営地下鉄、ゆりかもめが乗り入れ、4社合わせると1日約100万人が利用するという、まさに都内屈指の巨大ターミナル駅となっています。

ビジネスや観光でお越しの方も多いでしょうから、本日は新橋駅のコインロッカー情報を4路線すべてお届けしますね!

こんな方におすすめ

  • コインロッカーの設置場所を知りたい
  • サイズ・料金・支払い方法などを知りたい
  • だいたいの空き状況や穴場を知りたい

駅構内のコインロッカーはもちろん、周辺の安いコインロッカーも紹介するから、合わせてチェックしてね!

スポンサーリンク

新橋駅のコインロッカーを路線別に徹底解説

さっそくコインロッカー情報を解説していくわけですが、初めにお伝えした通り新橋駅には4社が乗り入れていますので、

  1. JR
  2. 都営浅草線
  3. 東京メトロ銀座線
  4. ゆりかもめ

の順に見ていきたいと思います。ご自身が利用する路線をしっかりチェックしてくださいね^^

ちなみに、駅構内のコインロッカーの料金とサイズ(幅 × 高さ × 奥行き)は、おおよそ以下の通りです。

  • 小型400円 35cm × 34cm × 64cm
  • 中型500円 35cm × 52cm × 64cm
  • 大型700円 35cm × 87cm × 64cm

※一部奥行きが57cmのものあり

スーツケースを預けるなら大型サイズが望ましいです。

ただし、小さめのものなら中型サイズに入るかもしれないので、事前に預ける荷物のサイズを測っておくと安心ですよ。

それじゃ、まずはJRからチェックしていきましょう。

JR新橋駅のコインロッカー

JR新橋駅の構内は、ざっとこんな造りになっています。

横須賀線と総武線のホームは地下5階、その他の路線は2階にホームがあります。そして、コインロッカーは1階と地下1階に設置してあります。

横須賀線・総武線で来た人は地下1階、その他の路線で来た人は1階のコインロッカーに預けるとスムーズに動けそうね。

基本的にはそのイメージで、あとは行き先によって預ける場所を決めると良さそうですね。それでは、地下1階 → 1階の順に詳細をチェックしていきますよ〜。

スポンサーリンク

地下1階のコインロッカーを構内図でチェック

簡単な構内図を作ってみたので、設置場所などを確認してみてください。(階段など一部省略しています)

地下1階のコインロッカーは、汐留改札を抜けて右側に1つと左側に3つ設置されています。

また、改札を抜けてまっすぐ進むと「新橋駅前ビル」の入り口付近にも設置されていて、ここは他よりも安く預けられるので個人的におすすめです。(「5」のロッカー)
※ちなみに、1階には100円のロッカーがあります

空き状況はどんな感じ?

私が見に行ったのは平日のお昼頃でしたが、どのロッカーも7割ほど空いていました。

土日祝日だと状況はもう少し変わりますが、それでもすべて埋まってしまうことはない思います。もし、イベントなどと重なって空きが無ければ、1階のロッカーへ預けてくださいね。

それでは実際の写真と合わせて、コインロッカーごとに支払い方法や取り扱い時間を見ていきます。

スポンサーリンク

地下1階のコインロッカー「1」

汐留改札を抜けて右に進むと、突き当たりにコインロッカーがあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 57cm400円15個
  • 取り扱い時間は始発から終電まで
  • 午前2時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて3日以内
  • 100円硬貨のみ対応の鍵式ロッカー

地下1階のコインロッカー「2」

汐留改札を抜けて左に進むと、券売機の隣のコインロッカーがあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 64cm400円13個
約35cm × 52cm × 64cm500円7個
約35cm × 87cm × 64cm700円7個
  • 取り扱い時間は始発から終電まで
  • 午前2時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて3日以内
  • 現金または電子マネー対応の暗証番号式ロッカー

地下1階のコインロッカー「3」

「2」のロッカーの少し先にもう設置してあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 25cm × 64cm400円42個
約35cm × 52cm × 64cm500円12個
  • 取り扱い時間は始発から終電まで
  • 午前2時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて3日以内
  • 100円硬貨のみ対応の鍵式ロッカー

地下1階のコインロッカー「4」

さらにまっすぐ進むと、東京メトロへの連絡通路にも設置してあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 64cm400円18個
約35cm × 52cm × 64cm500円2個
約35cm × 87cm × 64cm700円2個
  • 取り扱い時間は始発から終電まで
  • 午前2時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて3日以内
  • 現金または電子マネー対応の暗証番号式ロッカー

地下1階のコインロッカー「5」

汐留改札を抜けてまっすぐ進むと、新橋駅前ビルの入り口にコインロッカーがあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 57cm200円75個
約35cm × 52cm × 57cm300円12個
約35cm × 87cm × 57cm500円16個
  • 取り扱い時間 6:10~23:40
  • 午前0時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて4日以内
  • 100円硬貨のみ対応の鍵式ロッカー

鍵式のロッカーですが、小サイズが200円で預けられる穴場です。各サイズとも空きは多いので、少しでも安く預けたい方は利用してみてくださいね^^

1階のコインロッカーを構内図でチェック

続いて1階に設置してあるコインロッカーです。


※2019年時点、銀座改札内のコインロッカー(赤いアイコン)は駅構内の工事により使用不可

こちらは各出口付近にまんべんなく設置してあるので、行き先によって預けるところを決めると良いでしょう。

また、駅から少し歩きますが、周辺には構内よりも安く預けらえるロッカーがいくつかあります。(5~7)

特に「6」のコインロッカーは100円で預けられるのね!

おそらく、そこが新橋駅で最安のロッカーだと思います。他の2か所も含めて、周辺のコインロッカーはどこも徒歩1,2分なので、安く預けたい方は利用してみてください。

空き具合はどんな感じ?

駅構内のコインロッカーはどこも半分以上空きがありましたが、中でも特に空いていたのは烏森口にある「1」のロッカーです。

ここは新橋駅のロッカーで最も数が多いので、スーツケースなどを預けたい方にもおすすめですよ。

一方で周辺のコインロッカーは、駅構内に比べるとやや空きは少なめでした。とはいえ、完全に埋まってしまう可能性は少ないので、とりあえずチェックだけしてみも良いかと思います。

それでは、実際の写真と合わせて1つずつ紹介していきますね。

1階のコインロッカー「1」

烏森改札を抜けて右(烏森口方向)に進むと、左右にコインロッカーが設置してあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 64cm400円102個
約35cm × 52cm × 64cm500円27個
約35cm × 87cm × 64cm700円27個
  • 取り扱い時間は始発から終電まで
  • 午前2時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて3日以内
  • 現金または電子マネー対応の暗証番号式ロッカー

1階のコインロッカー「2」

烏森改札を抜けて左(汐留口方向)に進みます。

そして、KIOSKの手前を左に曲がるとコインロッカーが設置してあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 64cm400円48個
約35cm × 52cm × 64cm500円48個
約35cm × 87cm × 64cm700円26個
  • 取り扱い時間は始発から終電まで
  • 午前2時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて3日以内
  • 現金または電子マネー対応の暗証番号式ロッカー

こちらは新橋駅のロッカーで最も大型サイズが多いです。

正面にゆりかもめの乗り場があるので、お台場などに遊びに行く人はこちらに預けると良いでしょう^^

1階のコインロッカー「3」

銀座改札を抜けて右に進むと、コインロッカーが2基設置してあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 64cm400円48個
約35cm × 52cm × 64cm500円33個
約35cm × 87cm × 64cm700円16個
  • 取り扱い時間は始発から終電まで
  • 午前2時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて3日以内
  • 現金または電子マネー対応の暗証番号式ロッカー

1階のコインロッカー「4」

日比谷改札を抜けて右に進みます。

銀座口への連絡通路に入ると、右側にコインロッカーがあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 64cm400円29個
約35cm × 52cm × 64cm500円13個
約35cm × 87cm × 64cm700円11個
  • 取り扱い時間は始発から終電まで
  • 午前2時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて3日以内
  • 現金または電子マネー対応の暗証番号式ロッカー

SL広場で待ち合わせをしている方は、こちらのロッカーに預けると良いでしょう。

1階のコインロッカー「5」 ニュー新橋ビル1F

日比谷改札を抜けて左に進むと正面に「ニュー新橋ビル」があり、その1階にコインロッカーが設置されています。(キャラバンコーヒーの隣)

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 57cm200円25個
約35cm × 57cm × 57cm300円6個
約35cm × 87cm × 57cm500円4個
  • 取り扱い時間 7:10~23:50
  • 午前0時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて4日以内
  • 100円硬貨のみ対応の鍵式ロッカー

ニュー新橋ビルの地下には居酒屋などの飲食店が多いから、そこで食事をする人におすすめのロッカーね!

1階のコインロッカー「6」 TOP'Sの横

烏森口を出て正面の横断歩道を渡ります。

そのまま直進し「TOP'S(パチンコ店)」の先を左に曲がると、左側にコインロッカーコーナーがあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 57cm100円59個
約35cm × 57cm × 57cm200円13個
約35cm × 87cm × 57cm300円6個
  • 24時間利用可能
  • 小は8時間100円 以降8時間ごとに100円追加
  • 中は12時間200円 以降12時間ごとに200円追加
  • 大は12時間300円 以降12時間ごとに300円追加
  • 使用期間は開始日を含めて4日以内
  • 100円硬貨のみ使える鍵式ロッカー

新橋駅で最安のロッカーです。料金安いだけでなく24時間利用できるのも嬉しいポイントですね。

1階のコインロッカー「7」 新橋駅前ビルの前

汐留口を出たら右前方に進みます。

正面の横断歩道を渡ると、新橋駅前ビル2号館の前にコインロッカーがあります。

さらに、地下道を通って反対側に移動すると、1号館の前にもコインロッカーがあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 57cm200円35個
約35cm × 57cm × 57cm300円9個
約35cm × 87cm × 57cm500円4個
  • 24時間利用可能
  • 0時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて4日以内
  • 100円硬貨のみ使える鍵式ロッカー

以上がJR新橋駅のコインロッカーです。

利用する出口に近いところに預けつつ、安さを重視する方は周辺のロッカーも利用してみてくださいね^^

それじゃ次は都営浅草線のコインロッカーね。

都営浅草線新橋駅のコインロッカー

都営浅草線のコインロッカーは、

  • A3出口の手前に1か所
  • A2出口の近くに2か所

の計3か所に設置されています。

3か所とも空きは多かったので、利用しやすところに預けると良いと思います。

また、A2出口から地上に上がると、JRの章で紹介した200円ロッカーのところに出るので、安く預けたい方はそちらを利用するのもアリです。

もしくは、JR汐留改札まで向かい新橋駅前ビルの200円ロッカーに預けるという手もありますよ^^

それでは実際の写真と合わせて詳細を見ていきましょう〜。

都営浅草線のコインロッカー「1」

「JR新橋駅汐留方面改札」を抜けてまっすぐ進むと、A3出口への通路にコインロッカーがります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 64cm400円10個
約35cm × 52cm × 64cm500円9個
約35cm × 87cm × 64cm700円9個
  • 取り扱い時間は始発から終電まで
  • 午前2時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて3日以内
  • 現金または電子マネー対応の暗証番号式ロッカー

都営浅草線のコインロッカー「2」「3」

「JR新橋駅汐留方面改札」を抜けたら左進み階段を上がります。

そうしたら、左右にそれぞれコインロッカーコーナーがあります。

左側

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 64cm400円53個
約35cm × 52cm × 64cm500円24個
約35cm × 87cm × 64cm700円15個

右側

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 64cm400円21個
  • 取り扱い時間は始発から終電まで
  • 午前2時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて3日以内
  • 現金または電子マネー対応の暗証番号式ロッカー

少しでも安く預けたい方は、この階段で地上に上がり200円ロッカーを利用してくださいね。

それじゃ次は東京メトロを見ていくわよ!

東京メトロ銀座線新橋駅のコインロッカー

東京メトロのコインロッカーは「新橋駅方面改札」を抜けて左側の2か所に設置されています。(1のロッカー)

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 64cm400円44個
約35cm × 52cm × 64cm500円24個
約35cm × 87cm × 64cm700円9個
  • 取り扱い時間は始発から終電まで
  • 午前2時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて4日以内
  • 現金または電子マネー対応の暗証番号式ロッカー

どれもガラガラだったので、メトロを利用する方は基本的にどちらかのロッカーに預けると良いでしょう。

ただし、4番出口の方に進むとJRの汐留改札があるので、少しでも安く預けたい方は「新橋駅前ビル」にある200円ロッカーを利用するのもアリですよ。(3のロッカー)

それじゃ最後はゆりかもめね!

ゆりかもめ新橋駅のコインロッカー

ゆりかもめのコインロッカーは、

  • 改札内に1か所
  • 改札外に2か所

の計3か所に設置されています。


※ただし、改札内のコインロッカー(赤のアイコン)は2019年現在工事中のため使用不可

改札外の1つ目は、東口改札の階段を降りた裏側あたりに設置されています。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 64cm400円7個
約35cm × 52cm × 64cm500円6個
約35cm × 87cm × 64cm700円6個
  • 取り扱い時間は始発から終電まで
  • 午前2時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて3日以内
  • 現金または電子マネー対応の暗証番号式ロッカー

もう1つは、西口改札の階段を降りて左後ろ側、スターバックスの手前に設置してあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 57cm400円30個
約35cm × 57cm × 57cm500円12個
  • 取り扱い時間は始発から終電まで
  • 午前2時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて3日以内
  • 現金または電子マネー対応の暗証番号式ロッカー

どちらも空きは多かったのですが、大型サイズに関しては駅全体で6個しかないので、もし埋まっていたらJRのロッカーを利用すると良いでしょう。

西口改札側から外に出ると正面にJRの汐留口があるので、こちらのコインロッカーを利用できます。


ということで、新橋駅及び周辺のコインロッカーを路線ごとにすべてご紹介してきました。

さすが都内屈指のターミナル駅だけあって、コインロッカーも各路線に十分な数が設置されていましたね。

空き具合が心配だったけど、思いのほか空いているみたいで安心したわ。

今回は平日に調べに行きましたが、土日や祝日でもすべて埋まってしまうことはないと感じました。

ですので、利便性を優先する方は駅構内のロッカー、安さを優先する方は周辺のロッカーというように、ご自身の状況に合わせて預ける場所を決めてくださいね。

ではでは、参考になりましたら幸いです^^

東京都内の駅一覧へ戻る

スポンサーリンク

-東京都の駅

Copyright© コインロッカー見いつけた! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.