東京都の駅

代々木駅のコインロッカー完全ガイド!駅構内から安い穴場まで解説!

更新日:

JR総武線・山手線、都営大江戸線が停まる「代々木駅」。都内のど真ん中に位置し、2社合わせると毎日15万人以上の方が利用しています。

ただ、周辺に「新宿駅」「原宿駅」「代々木公園駅」などがあるので、いまいち知名度が低かったりします(^^;

とはいえ、ビジネスで利用する方も多いでしょうから、本日は代々木駅のコインロッカー情報を徹底解説します。サイズ・料金・空き具合などを知りたい方はチェックしてくださいね。

駅構内だけじゃなく、周辺の安いコインロッカーも教えるわよ。

スポンサーリンク

JR代々木駅のコインロッカー情報

JR代々木駅には、改札内・改札外に1つずつコインロッカーが設置されています。私が行ったとき(日曜の午後)は、どちらも空きはありましたが、改札外の方がより空いていました。

まずは、この2か所を順に解説しますね〜。

【改札内】2番線ホームへ上がる階段の横

改札内のコインロッカーは、2番線ホームへ上がる階段の横にあります。

ちなみに、ホームへの階段は「北口側」と「東口・西口側」の2つがあり、コインロッカーが設置されているので、「東口・西口側」です。

電車で着いた人は「東口・西口」と書いてある方の階段を下りてね。

コインロッカーの詳細をまとめてみました。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 64cm400円12個
特大約35cm × 105cm × 64cm800円9個
  • 取り扱い時間は始発から終電まで(日変わりは午前2時)
  • 使用料金は1日1回につき400円(特大は800円)
  • 午前2時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて3日以内

支払い方法は、現金の他に各種電子マネーにも対応していて、暗証番号で開けるタイプのロッカーです。

小サイズは半分ほど空いていましたが、特大サイズは空きが少なめでした。スーツケースなどの大きな荷物を預ける方は、早めに向かった方が良いかもしれません(^^;

スポンサーリンク

【改札外】西口の改札を出て左側

続いて改札外のロッカーは、西口の改札を出てすぐ左側にあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 64cm400円10個
約35cm × 57cm × 64cm500円6個
  • 取り扱い時間は始発から終電まで(日変わりは午前2時)
  • 使用料金は1日1回につき400円(中は500円)
  • 午前2時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて3日以内

こちらは、100円硬貨のみ使える鍵式ロッカーです。小・中サイズのみですが、どちらもほとんど空いていました。

大きな荷物を預けるなら改札内、それ以外なら利用しやすい方を選べば良いわね。それじゃあ、次は地下鉄の駅を見ていきましょう。

注意ポイント


ちなみに、以前は駅のホームにもコインロッカーあったようですが、2019年時点ではなくなっていたのでご注意ください。

スポンサーリンク

都営大江戸線代々木駅のコインロッカー情報

地下鉄の代々木駅には、改札の外に2つコインロッカーがありました。

駅構内は細長い形をしていて、その両端に設置してあります。構内図に印をつけてみたので、場所を確認してみてください。

どちらも空きが多かったので、利用する出口に近い方を選ぶと良いですね^^

1. A3出口の階段下

1つ目は、A3出口から階段を下りてきたところに設置してあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 57cm400円15個
約35cm × 57cm × 57cm500円3個
  • 取り扱い時間は始発から終電まで(日変わりは午前2時)
  • 使用料金は1日1回につき400円(中は500円)
  • 午前2時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて3日以内

100円硬貨のみ使える鍵式ロッカーで、ほとんど空いていました。

2. A1・A2出口の階段下

もう1つは、A1・A2出口から階段を下りたところにあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
極小約14cm × 34cm × 64cm300円10個
約35cm × 34cm × 64cm400円7個
約35cm × 57cm × 64cm500円6個
約35cm × 87cm × 64cm700円6個
  • 取り扱い時間は始発から終電まで(日変わりは午前2時)
  • 使用料金は1日1回につき400円(中は500円、大は700円)
  • 午前2時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて3日以内

こちらは、現金or電子マネーに対応していて、暗証番号で開けるロッカーです。

各サイズともほとんど空いていたので、スーツケースを預けたい方はこちらを利用しましょう。

ということで、JR・地下鉄それぞれのコインロッカーを見てきましたが、何となく高いと感じた方もいると思います。

そこで、最後に駅周辺の安いコインロッカーをご紹介しますね!

駅周辺の安いコインロッカー情報

私が調べたところ、駅周辺には1つだけコインロッカーがありました。地図で場所をチェックしてみてください。

北口から徒歩2,3分のところにあります。

具体的な行き方は、まず北口を出ます。

外に出たら右に曲がり、そのまま直進します。

1つ目の横断歩道を渡り、路地に入ります。

路地を進むと左側にコインロッカーが設置されています。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 57cm200円25個
約35cm × 57cm × 57cm300円3個
  • 24時間利用可能
  • 0時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて4日以内
  • 100円硬貨のみ使える鍵式ロッカー

駅よりも安いうえに、24時間利用可能なのね!

改札から少し歩きますが、安さを優先する方にはオススメですよ〜。

注意ポイント


ちなみに、以前は東口周辺にもコインロッカーがあったようですが、私が確認したところ撤去されていました。

2019年現在は、北口周辺の1か所のみとなっております。


ということで今回は代々木駅とその周辺のコインロッカーでした。

基本的にどこも空きが多かったので、何を優先するかによって使い分けてくださいね。

東京都内の駅一覧へ戻る

スポンサーリンク

-東京都の駅

Copyright© コインロッカー見いつけた! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.