千葉県の駅

千葉駅のコインロッカー大特集!料金・サイズから周辺の安い穴場まで

更新日:

JR、京成電鉄、千葉都市モノレールの3社10路線が乗り入れている「千葉駅」。県庁所在地の中心駅でもあり、まさに県内屈指のターミナル駅となっています。

本日は、そんな千葉駅のコインロッカー情報をお届けします。ぜひ、観光やビジネスのお役に立ててくださいね^^

こんな方におすすめ

  • サイズ・料金・場所を知りたい
  • 取り扱い時間を知りたい
  • 混雑具合を知りたい

まずは、JR千葉駅のコインロッカーから見ていくわよ!

スポンサーリンク

JR千葉駅のコインロッカー情報

私が調べてみたところ、JRの千葉駅には

  • 3階(改札があるフロア)に4つ
  • 1階に1つ

の合計5つのコインロッカーが設置してありました。

まずは、3階の構内図で場所を確認してみてください。

このうち、改札内にあるのは1番のみで、他は改札の外に設置してあります。各出口付近にまんべんなく設置してあるのが嬉しいですね。(1階については後述)

どのコインロッカーも比較的空いていましたが、1,3番は特に空きが多かったです。サイズも小〜大まで揃っているので、個人的におすすめの場所です。

ちなみに、どのコインロッカーも以下の点は共通。

  • 取り扱い時間は始発から終電まで(日変わりは午前2時)
  • 午前2時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて3日以内

それじゃ、各コインロッカーのサイズ・料金・個数をチェックしていくわよ!
スポンサーリンク

1. 中央改札・西改札の間の通路

改札内のコインロッカーは、2つの改札の間に設置されています。(やや西改札側)

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 64cm400円64個
約35cm × 60cm × 64cm500円27個
約35cm × 90cm × 64cm700円6個

支払い方法は、現金または各種電子マネーに対応していて、暗証番号で開けるタイプです。

各サイズとも空きが多いので、おすすめのコインロッカーですよ。

2. びゅうプラザの横

中央改札を出て右に曲がります。

びゅうプラザの前を通り、右に曲がったところにコインロッカーが設置してあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 64cm400円26個
約35cm × 60cm × 64cm500円12個
約35cm × 90cm × 64cm700円4個

1番と同じく電子マネーに対応した暗証番号で開けるタイプです。

こちらも空きはありましたが、人通りの多い場所に設置されているので、1番に比べて利用者が多い印象でした。(特に中、大サイズは空きが少なめ)

3. 東口エレベーターの奥

中央改札を抜けたらまっすぐ進みます。

階段の横にエレベーターがあり、その奥にコインロッカーが設置されています。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 64cm400円74個
約35cm × 60cm × 64cm500円12個
約35cm × 90cm × 64cm700円12個

こちらも暗証番号で開けるタイプ。

JR千葉駅の中で最も数が多いのが、ここのコインロッカーです。少し奥まったところにあるので気がつきにくいのか、とても空きが多かったです。

日曜の午後に行ってみましたが、8割ほど空いていましたね(^^;

スポンサーリンク

4. 西改札を出て右前方

西改札を出て右に曲がったところにもコインロッカーがあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 57cm400円15個

約35cm × 57cm × 57cm500円6個

こちらは、100円硬貨のみ使える鍵式のロッカーです。西改札側は人通りが少ないせいか、空きが多めでした。

5. 1階エレベーター前

中央改札を出てまっすぐ進みます。

階段横のエレベーターで1Fに下りたところに設置されています。もしくは、階段を下りて左側(ペリエ千葉)に入っても見つかりますよ。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 64cm400円37個
約35cm × 60cm × 64cm500円6個
約35cm × 90cm × 64cm700円6個

「ここ改札から遠いから空きが多めかな」と思っていたら、大サイズはほぼ空きなし。小・中サイズも使っている方が多かったです(汗)

もしかしたら、ペリエで買い物をする方が利用するのかもしれませんね。

ということで、JRの千葉駅には5つのコインロッカーがありますが、基本的には3階の4つを使うと良いでしょう。その中でも、先ほどお伝えした通り、1,3番が空きが多くておすすめですよ^^

次は千葉都市モノレールの駅よ!

千葉都市モノレール千葉駅のコインロッカー情報

千葉都市モノレールの駅には、改札の外に1か所のみありました。

南改札口を出ると正面に献血センターがあり、その横に設置されています。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 57cm300円16個
約35cm × 52cm × 57cm500円6個
約35cm × 87cm × 57cm700円6個
  • 取り扱い時間は始発から終電まで(日変わりは午前1時)
  • 午前1時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて3日以内

こちらは、暗証番号タイプに一部鍵式が混ざっています。

モノレールの千葉駅はあまり利用客は多くないので、1つしかないコインロッカーも比較的空いていました。

京成千葉駅のコインロッカー情報

京成千葉駅は「そごう千葉」と一体化していて、JRの南口より歩いてすぐです。

こちらも改札の外に1か所だけコインロッカーがありました。

1F東口改札の横に設置してあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 57cm300円16個
約35cm × 57cm × 57cm500円3個
  • 取り扱い時間は始発から終電まで(日変わりは午前1時)
  • 午前1時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて3日以内

こちらは、暗証番号タイプと鍵式が混ざったタイプです。そごうで買い物する方が利用するためか、空きは少なめでした。

さてさて、ここまで3社の千葉駅のコインロッカー情報を解説してきました。

おそらく、JRを使う方が多いと思いますが、「小サイズで400円は高い...」と感じた方もいるかもしれませんね。実は駅周辺にはもっと安いコインロッカーがあるので、最後にそれをご紹介したいと思います^^

駅周辺の安いコインロッカー情報

ショッピングセンターC・one出口

千葉駅の近くには「ショッピングセンターC・one」という施設があり、その出口付近に200円のコインロッカーがあります。

駅構内の半額ね!

設置してある場所はこちら。

JR千葉駅から行く場合は、中央改札を出てまっすぐ進みます。

階段を下りたら右へ。

あとは道なりに進んでいきます。

ショッピングセンターC・oneに沿って歩き、銀だこを過ぎたあたりにコインロッカーがありますよ。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 57cm200円40個
約35cm × 57cm × 57cm300円6個
  • 24時間利用可能
  • 0時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて4日以内

安い料金に加えて24時間利用可能です。駅から3,4分歩きますが、安さ重視でこちらを利用するのもアリですね。

ただ、私のように安さを求める方もけっこういるようで、半分ほどが埋まっていました(^^;

そごう千葉 1F&B1

京成千葉駅と一体になっている「そごう千葉」ですが、こちらの1階と地下1階にもコインロッカーが設置してあります。(詳しい場所はフロアガイドをご覧ください)

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金
約35cm × 42cm × 42cm100円(返却)
約35cm × 80cm × 42cm100円(返却)
  • 取り扱い時間は10:00〜20:00
  • 当日のみ利用可能

こちらは100円が返ってくるので無料で使えるのですが、店内で買い物をした方のみが対象となっています。預けたい場合は何か買いましょう(^^;


ということで今回は千葉駅のコインロッカーでした。

さすが県内屈指のターミナル駅だけあって、たくさん設置されていたね!

基本的にはJRのコインロッカーを使えば大丈夫です。よほど大きなイベントと重ならない限り、どこかしら空きはあると思います。

また、千葉駅周辺をフラフラするという方、少しでも安く預けたいという方は、200円ロッカーを使うのがおすすめですよ^^

ではでは〜。

千葉県内の駅一覧へ戻る

スポンサーリンク

-千葉県の駅

Copyright© コインロッカー見いつけた! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.