神奈川県の駅

小田原駅のコインロッカー完全なび!空き状況から穴場まで教えるよっ!

投稿日:

JR、小田急、箱根登山鉄道が乗り入れる「小田原駅」

神奈川県西部のターミナル駅として機能しており、毎日15万人以上の方が利用しています。

駅周辺には「小田原城」や「小田原漁港」などの観光地があるほか、箱根旅行の起点しても使われるわね。

観光に際して「荷物を預けておきたい」と考えている方もきっといると思います。

とは言え、不慣れな駅だと

  • コインロッカーはどこにあるの?
  • スーツケースは入るの?
  • そもそも空きはあるの?

といった不安がどうしても生まれてくるもの。

そこで、そうした不安を解消すべく、小田原駅のコインロッカー事情を徹底的に調査し尽くしてきました!

本日はその結果をお伝えしますので、ぜひお出かけの際の参考にしてください^^

こんな方におすすめ

  • 設置場所・サイズ・料金などを知りたい
  • だいたいの空き状況を知りたい
  • 空きが無い時ための荷物預かり所を知りたい
スポンサーリンク

小田原駅のコインロッカー&荷物預かり所を完全なび!

簡単な駅の構内図を作ってみたのでは、まずはコインロッカーの設置場所・サイズ・料金などをチェックしてみてください。

料金及び「幅 × 高さ × 奥行き」はおおよそ以下の通り。(一部例外あり)

  • 小型 約35cm × 34cm × 64cm
  • 中型 約35cm × 52cm × 64cm
  • 大型 約35cm × 87cm × 64cm
  • 特大型 約35cm × 120cm × 64cm

スーツケースを預けるなら大型以上が望ましいです。ただし、小さめのものなら中型でも入るかもしれないので、事前にサイズを測っておくと安心ですよ。

図を見ていただくとわかる通り、コインロッカーが設置されているのは

  1. 3F 東西連絡通路の真ん中あたり
  2. 3F 西口への階段付近
  3. 3F JRから伊豆箱根鉄道への通路途中
  4. M2F 伊豆箱根鉄道の改札外
  5. 1F 東口への階段を下りて右側
  6. B1F ハルネ小田原店内
  7. 1F 西口の隣にあるビルの入り口

の計7か所。

それから、3FとB1Fにはそれぞれ荷物預かり所があります。

これだけあればどこかしらには預けられそう。とはいえ、やっぱり空き状況が気になるわね。
スポンサーリンク

コインロッカーの空き状況と穴場を教えるよっ!

私が確認したとき(土曜のお昼ごろ)の空き状況で言いますと、3Fのコインロッカー(1番〜3番)は全く空きがありませんでした。

やはり、JRと小田急の改札フロアということでかなりの競争率です。

反対にそれ以外はどこも空きが多く、特にB1F(ハルネ小田原)のコインロッカーはすべて空いていました。

ですので、空き状況から判断すると穴場は6番なのですが、改札からやや距離がありますので、個人的には5番のコインロッカーを穴場としておすすめします。

東口の階段を下りてすぐのところにあり、比較的空きも多め。また、スーツケースが入る大サイズが、小田原駅の中でもっとも多く設置されていますよ^^

ただし...

空き状況は時期・曜日・時間帯などに大きく左右されます。

例えば、平日の早い時間帯でしたら、3Fのコインロッカーもわりと空いていると思います。

反対に、GWやお盆休みや大型連休などは、3F以外もそれなりに埋まってしまうでしょう。(それでもどこかしら空いているとは思いますが)

ですので、今回の空き状況は「特に大型連休などではない、普通の土曜日のときのもの」として、参考にしていただけたらと思いますm(_ _)m

もし混雑時期に行く場合は、3Fの荷物預かり所を利用するのが手っ取り早いかもしれないわね。

たしかに改札から近くて便利ではあるのですが、3Fの荷物預かり所は「サイズに関係なく1個あたり800円」なので、小さなものを預けると割高感があるんですよね...。

とはいえ「そんなの気にしない!預けられれば良い!」という方には、おすすめの手段ではありますけど^^;

それでは実際の写真と合わせて、コインロッカー&荷物預かり所の詳細を見ていきましょう。

小田原駅のコインロッカー&荷物預かり所を写真でチェック!

【1番】3F 東西連絡通路の真ん中あたり

JRまたは小田急の改札を抜けて左へ進むと、「BECK'S COFFEE SHOP」の横にコインロッカーがあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 25cm × 57cm400円30個
約35cm × 57cm × 57cm500円6個
  • 取り扱い時間は始発から終電まで
  • 午前2時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて3日以内
  • 100円硬貨のみ対応の鍵式ロッカー

改札からもっとも近く競争率は非常に高めです。空いていたらラッキーくらいの感覚でのぞいてみると良いでしょう^^;

【2番】3F 西口への階段付近

3Fの東西連絡通路を西口へ進むと、階段を横にコインロッカーがあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 64cm400円40個
約35cm × 52cm × 64cm500円4個
約35cm × 87cm × 64cm700円4個
  • 取り扱い時間は始発から終電まで
  • 午前2時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて3日以内
  • 現金または電子マネー対応の暗証番号式ロッカー

こちらはタッチパネルで操作する暗証番号式のロッカーです。

鍵を持ち歩かなくて済むのは嬉しいのですが、小田急の改札の目の前にあるので埋まっている可能性が高いです。

【3番】3F JRから伊豆箱根鉄道への通路途中

東西連絡通路を東口のほうへ進み階段の手前を左に曲がるとコインロッカーがあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 64cm400円1個
約44cm × 52cm × 64cm600円5個
約35cm × 87cm × 64cm700円10個
特大約44cm × 120cm × 64cm1000円5個
  • 取り扱い時間は始発から終電まで
  • 午前2時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて3日以内
  • 現金または電子マネー対応の暗証番号式ロッカー

伊豆箱根鉄道に乗り換える方には利用しやすいところにありますが、先の2か所と同じく競争率高めです。

【4番】M2F 伊豆箱根鉄道の改札外

3番のコインロッカーの先にある階段を下りると、伊豆箱根鉄道の改札外にコインロッカーがあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 64cm300円30個
約35cm × 87cm × 64cm600円17個
  • 取り扱い時間 6:00~23:00
  • 午前0時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて3日以内
  • 100円硬貨のみ対応の鍵式ロッカー

こちらのロッカーは空き多めですので、伊豆箱根鉄道に乗り換えの方におすすめです。

また、3Fの3か所に比べて少し安いのも嬉しいポイントですね^^

【3F荷物預かり所】小田急外国人旅行センター

東西連絡通路の真ん中あたりに「小田急外国人旅行センター」があり、荷物預かりサービスを実施しています。

  • 取り扱い時間 8:00~18:00
  • 3辺合計が160cm以内、重さ25kgの荷物1つにつき800円

先ほどお伝えしたとおり改札からとても近くにあるので、「多少高くても良いから速やかに預けたい」という方は利用してみてください。

ただし、新幹線の到着時刻とかさなると、外国人旅行者が行列をつくる可能性があるので、そこだけご注意くださいm(_ _)m

【5番】1F 東口への階段を下りて右側

東口の階段を下りて右に進むと、壁沿いにずらーっとコインロッカーが並んでいます。

さらに、少し先にもあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 64cm400円86個
約35cm × 52cm × 64cm500円18個
約35cm × 87cm × 64cm700円27個
  • 24時間利用可能
  • 午前2時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて3日以内
  • 現金または電子マネー対応の暗証番号式ロッカー(※一部鍵式)

各サイズとも豊富に設置されていて、かつ空きも多い穴場ロッカーです。よほどの混雑時期でない限り、ここのロッカーに預けられると思いますよ。

おまけに24時間利用可能だから、早朝や深夜の出し入れもできるわね。

小田原城をはじめ東口側に行かれる人には、非常に利用しやすいでしょう^^

【B1F荷物預かり所】小田原駅手ぶら観光センター

東口の階段を下りたら、さらに正面のエスカレーターを下りて「ハルネ小田原」に入ります。

そうしたら、右正面に「小田原駅手ぶら観光センター」があり、荷物預かりサービスを実施しています。

  • 取り扱い時間 9:00~20:00
  • サイズに関係なく1つあたり500円
  • 自転車、ベビーカー、大型楽器などの特殊なものは1つあたり1,000円

こちらはスーツケースなども一律500円で預かってくれるのでお得感があります。

少し歩いても大きな荷物を安く預けたい人におすすめね。

ただし、コインロッカーに比べて取り扱い時間が短いのでご注意ください。

【6番】B1F ハルネ小田原店内

同じくハルネ小田原の店内には、2か所にコインロッカーが設置されています。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 64cm400円35個
約35cm × 52cm × 64cm500円15個
約35cm × 87cm × 64cm700円4個

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 64cm400円15個
約35cm × 57cm × 64cm500円3個
  • 取り扱い時間 6:00~22:15
  • 午前2時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて3日以内
  • 100円硬貨のみ対応の鍵式ロッカー

どちらもほとんど空いているので、ハルネ小田原でお買い物をする方におすすめかと思います。

【7番】1F 西口の隣にあるビルの入り口

西口の階段を下りて外に出たら左に進みます。

隣のビルの1F入り口付近にコインロッカーがあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 57cm200円15個
約35cm × 57cm × 57cm300円3個
  • 24時間利用可能
  • 0時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて4日以内
  • 100円硬貨のみ使える鍵式ロッカー

こちらは小田原駅で最安のコインロッカーなのですが、改札から歩く上に数もそこまで多くないので、とにかく安く預けたい方向けですね^^;


ということで、小田原駅のコインロッカー&荷物預かり所でした。

記事中でもお伝えしたとおり、5番のロッカーが穴場であることを念頭に

  • 平日や朝早い時間に行く方は3Fのコインロッカーをチェック
  • 混雑時期に行く方は荷物預かり所の利用も考える

このようなイメージを持っておくと良いでしょう。

ではでは、参考になりましたら幸いです〜。

神奈川県内の駅一覧へ戻る

スポンサーリンク

-神奈川県の駅

Copyright© コインロッカー見いつけた! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.