東京都の駅

浅草橋駅のコインロッカーまとめ!サイズから設置場所まで完全ガイド

更新日:

JR総武線、都営地下鉄浅草線が乗り入れている「浅草橋駅」。2社合わせると毎日15万人以上の方が利用しています。

特に隅田川花火大会の日は、ここ最寄駅として使う方もいてとても混雑するわね。

本日はそんな浅草橋駅のコインロッカー情報をお届けします。サイズ・料金・時間などを知りたい方は、ぜひチェックしてくださいね^^

スポンサーリンク

浅草橋駅のコインロッカー情報

浅草橋駅のコインロッカーは

  • JRの駅構内に1つ
  • 地下鉄の駅構内に1つ

の計2つがありました。

駅の利用者数に対してコインロッカーの設置数が少ない気もしますが、ひとまず順番に解説していきますね。

【JR】東口改札を出てまっすぐ

JR浅草橋駅には東口・西口がありますが、このうち東口の改札を出たところにコインロッカーがあります。

サイズや料金は以下の通り。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 64cm400円9個
約35cm × 87cm × 64cm700円3個
  • 取り扱い時間は始発から終電まで(日変わりは午前2時)
  • 使用料金は1日1回につき400円(大は500円)
  • 午前2時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて3日以内

こちらは、100円硬貨のみ使える鍵式のロッカーです。

私が見たとき(日曜の夕方)は、それなりに空きがありました。時間帯によると思いますが、普通の日であれば預けられると思いますよ。

スポンサーリンク

【地下鉄】A1・A2出口付近

地下鉄の方は、改札を抜けてA1・A2出口の近くにコインロッカーがあります。

構内図に印をつけたので、場所をチェックしてみてください。(☆=コインロッカー)

JRから乗り換える場合はA3出口から入ると思うので、階段を下りて右に曲がるとコインロッカーがあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 64cm400円13個
約35cm × 52cm × 64cm500円12個
約35cm × 97cm × 64cm700円12個
  • 取り扱い時間は始発から終電まで(日変わりは午前2時)
  • 使用料金は1日1回につき400円(中は500円、大は700円)
  • 午前2時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて3日以内

こちらは、現金または電子マネーに対応した暗証番号で開けるタイプです。

現金で払う場合は6桁の暗証番号を入力し、電子マネーで払う場合はそれ自体が鍵になる仕組みです。

私が見たときは7割ほど空いていました。暗証番号式が良い方は、こちらに預けるのがおすすめです^^

基本的にどちらかに預けられると思うけおど、万が一すべて埋まっていたときのために周辺のコインロッカーもチェックしておきましょう。
スポンサーリンク

【駅周辺】ラゲージルームカフェ

私が調べてみたところ、残念ながら駅周辺にコインロッカーはありませんでした。

ですが、代わりに「ラゲージルームカフェ」という荷物預かりサービスをやっているカフェがあったので、そこを紹介したいと思います。

まず、JR浅草橋駅の東口を出ます。

外に出たら右に曲がり、直進します。

横断歩道を渡り反対側へ行きます。

松屋の2つの隣のビルの5階がカフェになっています。

サイズや料金は以下の通り。

Sサイズ・・・300円/8時間 500円/24時間

Lサイズ・・・600円/8時間 1000円/24時間 

駅から徒歩1,2分と非常に近く、また駅構内よりも少し安いのでこちらに預けるのも良さそうですね^^


ということで今回は浅草橋駅のコインロッカー情報でした。数は少なめですが2か所とも空きは多かったので、特に問題はなさそうですね〜。

ただし、イベントと被ると空きがなくなる可能性もあるから、そのときは荷物預かりサービスを利用するか、別の駅に預けるようにしてね。

東京都内の駅一覧へ戻る

スポンサーリンク

-東京都の駅

Copyright© コインロッカー見いつけた! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.