東京都の駅

茅場町駅のコインロッカー完全なび!サイズや設置場所を一発チェック

更新日:

東京メトロ東西線、日比谷線が乗り入れる「茅場町駅」のコインロッカー情報をお伝えします。

  • サイズ
  • 料金
  • 個数
  • 設置場所

などをしっかりチェックして、お出かけの際の参考にしてくださいね^^

スポンサーリンク

茅場町駅のコインロッカー情報!

茅場町のコインロッカーは、以下の3か所に設置されていました。

  1. 10番出口付近(改札外)
  2. 7番出口と8番出口の間の通路(改札外)
  3. 日比谷線の1番ホーム(改札内)

構内図に印をつけたので、位置を確認してみてください。

上記の3つのうち、2,3番はホームページに記載されている場所と違っていました。

これが一時的なものなのかホームページの修正が遅れているのかわかりませんが、2019年時点では印を付けた場所に設置されているのでご注意ください。

基本的には利用する出口に近いロッカーに預けると良さそうね!

出口案内も載せておくので、ご自身が何番出口を使うのかチェックしてくださいね^^

それでは、各ロッカーの詳細をチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

1. 【改札外】10番出口付近

東西線の西改札を出て左に進むと、10番出口の近くにコインロッカーがあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 64cm400円13個
約35cm × 53cm × 64cm500円2個
約35cm × 87cm × 64cm700円2個
  • 取り扱い時間は始発から終電まで(日変わりは午前2時)
  • 午前2時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて4日以内
  • 現金または電子マネー対応の暗証番号式ロッカー

大型サイズならスーツケースなどの荷物もらくらく入ります。ただし、数は多くないのでもし埋まっていたら、次に紹介するコインロッカーへ向かってください。

スポンサーリンク

2. 【改札外】7番出口と8番出口の間の通路

7番出口と8番出口の間、電話ボックスやATMの並びにコインロッカーがあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 28cm × 57cm400円11個
約35cm × 57cm × 57cm500円9個
約35cm × 87cm × 57cm700円3個
  • 取り扱い時間は始発から終電まで(日変わりは午前2時)
  • 午前2時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて4日以内
  • 現金または電子マネー対応の暗証番号式ロッカー

各サイズとも空きの多い穴場ロッカーです。

ちなみに、ホームページには8番出口と9番出口の間と記されているので、もしかしたらそちらに移動しているかもしれません。(と言っても10mほどの違いですが)

3. 【改札内】日比谷線の1番ホーム

3つ目は日比谷線の1番ホーム(中目黒行き)に設置されています。

場所はホームの一番後ろ側です。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 64cm400円17個
約35cm × 52cm × 64cm500円3個
  • 取り扱い時間は始発から終電まで(日変わりは午前2時)
  • 午前2時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて4日以内
  • 現金または電子マネー対応の暗証番号式ロッカー

大型サイズはないので大きなスーツケースは預けられませんが、目立たないところにあるので空きは多めです。

ただ、東西線に乗る人には利用しずらそうね。

ちなみにホームページによると、このコインロッカーは4a,4b出口の間にあることになっているので、もしかしたら移動しているかもしれません。そっち方が、いろんな方に利用しやすいですからね^^;


ということで今回は茅場町駅のコインロッカーでした。

駅構内に3つも設置されているので、空きは十分にあるという印象です。冒頭でもお伝えした通り、どの出口を使うかによって預けるところを決めてくださいね^^

東京都内の駅一覧へ戻る

スポンサーリンク

-東京都の駅

Copyright© コインロッカー見いつけた! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.