千葉県の駅

津田沼駅のコインロッカー完全攻略!安いのから大型まですべて紹介!

更新日:

JR総武線の各駅・快速が停車する「津田沼駅」。習志野市の中心駅でもあり、1日の乗降客数はなんと20万人以上。

駅の周辺には、イトーヨーカドー、イオン、パルコ、ダイエーなど商業施設が乱立し、これを俗に「津田沼戦争」なんて呼ぶそうです(笑)

本日は、そんな関東有数の繁華街となった津田沼駅のコインロッカー情報をお届けします。サイズ・料金・場所などを知りたい方はご覧になってください。

乗り換えでよく使われる「新津田沼駅」、それから徒歩15分のところにある「京成津田沼駅」のコインロッカーも調べてみたわ。それから、駅周辺の安いコインロッカーも紹介するわね!

スポンサーリンク

津田沼駅のコインロッカー情報

津田沼駅のコインロッカーは駅構内に2つあります。どちらも改札を出てすぐなので、利用しやすいですよ。(※改札内には設置されていません)

【駅構内】南口階段下 ATMの横

まず1つ目は、改札を出て南口の方へ進みます。

外に出たら右に曲がります。

写真の階段を下ります。

階段を降りて左に曲がるとコインロッカーがあります。

ATMの横です。

サイズ・料金・個数などを表にまとめてみました。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 66cm400円20個
約35cm × 57cm × 66cm500円12個
約35cm × 87cm × 66cm700円4個

  • 取り扱い時間は始発から終電まで(日変わりは午前2時)
  • 使用料金は1日1回につき400円(中は500円、大は700円)
  • 午前2時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて3日以内

支払い方法は100円硬貨のみで、鍵で開けるタイプになっています。駅から少し歩きますが、スーツケースも入る大きさなのは嬉しいですね。

スポンサーリンク

【駅構内】北口階段下

続いて2つ目は、改札を出たら北口の方へ進み、外に出る手前の階段を下ります。

階段を下りたところに、写真のようなコインロッカーが並んでいます。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 28cm × 57cm400円42個
約35cm × 57cm × 57cm500円12個

  • 取り扱い時間は始発から終電まで(日変わりは午前2時)
  • 使用料金は1日1回につき400円(中は500円)
  • 午前2時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて3日以内

両方ともそれなりに空きがあったので、お祭りやイベントの時でない限りは問題なさそうです。とはいえ、万が一がありますから周辺のコインロッカーもチェックしておきましょう〜。

スポンサーリンク

駅周辺のコインロッカー

私が調べた限り、駅周辺には3つのコインロッカーがありました。まずは、地図で場所を確認してみてください。

どれも北口から徒歩2,3分なので、駅構内に空きがないときは利用できますね。ちなみに、3か所とも支払いは100円硬貨のみで、鍵で開けるタイプです。また、以下の点は共通しています。

  • 24時間利用可能
  • 使用料金は1日1回につき200円(中は300円)
  • 0時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて4日以内

では、サイズと料金をチェックしていきいますね。

駅周辺のコインロッカー 1

北口を出たら左へ曲がり、30mほど進んだところにあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 57cm200円20個

駅周辺のコインロッカー 2

パルコA館・B館の間の道路にあります。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 57cm200円15個
約35cm × 57cm × 57cm300円3個

駅周辺のコインロッカー 3

2の場所から踏み切りを渡たったところにあります。(ローソンに併設)

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 57cm200円20個
約35cm × 57cm × 57cm300円3個

どれもスーツケースは入りませんが、小・中サイズとも駅構内より料金が安いです。駅から少し歩きますが、安さを優先してこっちを使うのもアリかなと思います^^

それじゃあ続けて「新津田沼駅」「京成津田沼駅」を見ていくわよ!

新津田沼駅のコインロッカー情報

津田沼駅の乗り換えとして利用される新京成線の「新津田沼駅」。こちらも改札内にコインロッカーはなく、駅構内に1つ設置されていました。

改札を抜けたら、左の方へ進みます。(イトーヨーカドーの方)

通路の右側にコインロッカーが設置されています。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 42cm × 57cm300円12個
約35cm × 87cm × 57cm600円4個

  • 24時間利用可能(日変わりは午前1時)
  • 使用料金は1日1回につき200円(中は300円)
  • 午前1時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて4日以内

支払いは100円硬貨のみで鍵で開けるタイプ。大サイズが津田沼駅よりも100円安くなっていますね!

京成津田沼駅のコインロッカー情報

京成津田沼は津田沼からやや離れるので、あまり乗り換え駅としては利用されませんが...何となく勢いで調べてしまいました(笑)

改札を抜けて左へ曲がったところに1つ設置されています。

 サイズ(幅 × 高さ × 奥行き)料金個数
約35cm × 34cm × 57cm300円15個
約35cm × 57cm × 57cm400円3個

  • 取り扱いは始発から終電まで
  • 使用料金は1日1回につき300円(中は400円)
  • 午前1時を過ぎたら1日分の追加料金が発生
  • 使用期間は開始日を含めて4日以内

同じくらいのサイズでも、設置場所によって料金が変わるのがポイントね!


基本的に駅構内の方が利便性が高いですが、いくつかの駅を調べてみたところ、周辺のコインロッカーの方が料金が安い傾向にあることがわかりました。

そのあたりは、何を重視するのかによって決めると良いかもですね^^

千葉県内の駅一覧へ戻る

スポンサーリンク

-千葉県の駅

Copyright© コインロッカー見いつけた! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.